リスクを伴う代償性発汗

神経を切断しても別の部位に多汗症が現れる

手術で多汗症を改善する胸腔鏡下交感神経遮断術という方法が有ります。
これは、交感神経の発汗に繋がる部分を電気メスで焼き切る事によって、実質、脳からの汗を出せという指令をその前でストップさせてしまうというものです。

精神性発汗について理解していれば、理屈は解ると思います。
この手術を行うと、自律神経の回路を実質カットしているので、緊張しても発汗に繋がらなくなります。

つまり、多汗症の問題が一応解決したことになります。

しかし、この手術を行うのは、体に影響の少ない保存療法を行ってもダメだった時に最終手段として用いるもので、とあるリスクを伴うものでも有ります。

そのリスクが代償性発汗と呼ばれるものです。
神経を遮断しているので、今までのように緊張していても、汗を出す指令が届かずに手のひらはサラサラのままでいられます。しかし、その代わりに背中など別の場所で汗が多くなってしまう事があるのです。

この代償性発汗は、必ずでは無いものの高い確率で現れるとされています。
汗自体の悩みを解決する為の手術であり、根本的な解決に直結しているハズがその通りにならない事態に陥ってしまう場合が有るのです。

その点、プロバンサインなら、多汗症の予防は薬効のある時間内に限られますが、代償性発汗のリスクを抱える事は有りません。
遮断した神経が自動的に修復するということはないので、手術はあくまでも最終的な手段と考えておかなくてはいけません。

それに、今では、別の手術方法もあります。

交感神経遮断術で神経を医療用クリップで止めるという方法も有ります。
これを用いれば、完全に遮断せずに神経の働きを抑える事が可能となります。

クリップで止める方法は、将来的な代償性発汗が起きた時にクリップを外す事で元に戻す事も可能です。
しかし、クリップを外すと元の多汗症に戻ってしまう事に変わりありません。

多汗症は、神経の失調が原因のようでも精神的な問題が改善されないと、手術でも根治出来ない性質が有ります。これらの実施を検討する場合は、リスクを抱えて生活する事が無いように、慎重に判断していく事が大切です。

MENU