手術による代償性発汗

神経切断によって汗を抑えると起こる代償性発汗

手のひらやわき汗が酷い多汗症は、生活にも影響が大きく精神的な負担も重くのしかかります。
そんな状態を改善する為にも、汗を出なくする手術を考えている人も少なくないと思います。

多汗症の場合、「交感神経遮断術(交感神経ブロック)」という手術方法があります。
この手術は交感神経と汗腺の繋がりを断ち切るもので、「汗を出せ」という指令を汗腺に届くのを実質断ち切ることは可能となるものです。

また、神経を物理的に焼き切ってしまうので、それ以降は、多汗症が現れて再度悩まされるということがなくなります。

多汗症の症状として多い精神性発汗は、緊張や焦りなどによって、視床下部の発汗中枢が指令を出し、交感神経が働くことによって発汗が促されます。つまり、その神経とのリンクを切断してしまうことで原因を取り除くことが出来るのです。

つまり交感神経遮断術を行えば、多汗症の症状を実質的に改善する事が可能。
この手術を行った事で「完全に止まった」「ほぼ止まった」という実感を持った人は、全体の9割に及ぶということがNTT東日本関東病院の統計でも出ているようです。

それだけ、はっきりとした効果が有りますが、その反面注意しなくてはいけないことがあります。

神経を遮断するいくつかの方法

神経を遮断して汗を出なくする、もしくは、出にくくする方法にはいくつかの種類があります。

  • 鋭利な刃物を使って神経を切断する方法
  • 電気メスで焼き切る方法
  • 神経は直接切らずにクリップで挟む方法

このような3種類の方法があります。

その内の交感神経遮断術を経験した患者の情報では、
「手のひらに汗をかきそうな感覚にはなるが触っても常にサラサラでいられる」という感想があります。
また、手のひらと同時に、足の裏の発汗も改善されるケースも多いようです。

メカニズムだけでは、考えにくいような効果も手術を行うことで得られることがあるようです。

しかし、リスクも存在します。
その分注意しなければいけないことが”代償性発汗”です。

代償性発汗とは、手のひらや足の裏から汗が出なくなる代わりに、背中や腹部、太もも辺りの発汗が以前よりも増えるような症状が現れる事です。ひどい時は、背中から滴るほどに、汗が出てしまう場合も有るようです。

手術を受けた人の9割はこのような代償性発汗が出るようですが、少しでも汗の量が増えたと感じたらそのように呼ぶ為、症状の大小には個人差があります。

いずれにしても、手のひらや脇汗を劇的に改善出来る可能性がある一方、「条件付きで手のひらの汗を抑えることが出来る」という諸刃の剣でもあるので、すぐに手術に踏み切ろうと考える前に、自分で出来る安全な対策をまずは第一に考えるべきではないでしょうか。

汗が異常に出る多汗症の悩みは、精神的な苦痛となり、こうした手術に助けを求める気持ちもわかります。しかし、精神性発汗というのは、気持ちや考え方の変化によっても改善が望める可能性を秘めています。また、年齢的なもので改善される可能性があります。

今すぐ手術するのではなく、まずは、プロバンサインのような制汗作用の有る薬を活用しながら、自分で症状の改善を出来るように取り組んでみることで、多汗症が改善出来るようになるかもしれません。

MENU