永久脱毛による脇汗

永久脱毛すると脇汗がヒドくなるって本当?

ネット掲示板などに「永久脱毛してから脇汗が増えた」という体験情報が多数報告されていました。
それが本当に起こることなのか、医学的に根拠があることのかということで色々な意見があるようです。

専門家の情報によると、脇毛の永久脱毛をすることで汗が増えたと感じるのは、今まで、自分で抜いたり剃ったりしていた事で、多少なりとも脇の皮膚の表面積が増えて、汗が溜まりにくかったことが関係していると言われているようです。

表面積が幾ら増えたといってもごく限られた範囲です。

他には、今までは多少なりとも毛に汗が吸収されていたという情報もありました。

しかし、剃った後に残った数ミクロンの腋毛に汗が吸収されるというのは考えにくいものです。また、それであればピンセットで抜いた場合も脇汗がひどくなると言っているようなものです。

これこそ、医学的根拠のない話です。

それでは、なぜ永久脱毛後に共通して脇汗が増えたという情報が有るのか?

原因の一つとして考えられるのは、脇毛がなくなった分、皮膚の神経が過敏になって、以前よりも脇汗で濡れていると感じやすくなっているのかもしれません。
また、永久脱毛による刺激で神経が活性化して、そうした症状が起こるということは、考えられないことではないと思います。

他には、同じように永久脱毛による刺激でその周囲の汗腺が活性化して、汗が出やすい状態が作られているのかもしれません。

永久脱毛は、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛のように、光や電気で刺激を与えることで脱毛するものですので、これらが、抜け落ちた毛にだけ作用しているというのは、それこそ都合の良い話ではないでしょうか。

しかし、もしも活性しているなら長期的に症状が和らいでいく事も想定されるので、1年、2年と経過しても変化が無ければ、他の原因が考えられます。

憶測も含んでいるので、どこまでがその通りなのかは判断する事が出来ませんが、永久脱毛により脇汗が増えたと感じている体験者が多数いるということは、一つの事実として存在することです。

これらの場合は、多汗症では無い為、プロバンサインではなく、制汗剤のパースピレックス(塩化アルミニウム)などが有効かもしれません。

MENU