気を付けたい水虫

足裏の多汗症は水虫に要注意

多汗症だと気を付けたいのが水虫の発症です。
水虫(足白癬)は、細菌の一種なので高温多湿の場所を好み繁殖していきますが、私たち人間の足は、白癬菌にとって最適な環境が整っています。

サラリーマンのように一日中革靴を履いていたり、加工場や漁業市場のように長靴を履く時間が長いと、足の通気が悪い事で微量の汗も逃げ場を失い足の湿度が高くなります。すると、足に付着した白癬菌の活動が活発になり、数を増やしていきます。

次第に、皮膚内部に侵食していき水虫を発症します。
ただし、少しでも感染したら全員に水虫が発症するわけではなく、高温多湿の状態が長い事が関係して症状が進行してしまうのです。

感染後に気付かずに放置してしまう事で症状が悪化しやすくなるリスクが有ります。
毎日、清潔に保つよう心掛けていても、外出や出勤をしている時にじわりじわりと白癬菌が培養されてしまっているかもしれません。

また、発症した後も多汗症が続いていると、塗り薬を使用して皮膚にしっかり塗布したつもりでも、汗によって流れてしまう事も有ります。それでは、薬の効き目も感じる事なく症状が悪化してしまうリスクを生じ兼ねません。

効き目が有ったとしても、革靴や長靴を履く機会が多いと細菌が再び数を増やしてしまい、常にその繰り返しで時間ばかりがかかってしまうという事態に陥る危険性もあります。

そもそも、水虫というのは、特に汗っかきでもないような人でも発症するとすぐに治るものでも無いので、多汗症だとなおさら時間がかかってしまうというのは容易に想像できる事です。

その点、もしもプロバンサインが使用できるのなら、汗が出るのを抑える事で足裏が高温多湿になるのを防ぐ事が出来るので、多汗症のままの状態で治療に臨むよりは、症状の早期改善は十分に期待できる事だと思います。

MENU