臭化プロパンテリンとは

有効成分「臭化プロパンテリン」について

プロバンサインの有効成分である臭化プロパンテリンには、内臓の平滑筋のけいれんを抑えたり、胃酸の分泌を抑える作用が有ります。治療に該当する症状として、胃炎や下痢、胆石、胆管炎、膵炎などによって引き起こされる腹痛の緩和に用いられます。

臭化プロパンテリンは、四級アンモニウム塩合成抗コリン薬に分類される薬剤であり、胃酸の分泌を促すアセチルコリンの働きを抑制し、遺産の分泌を抑える働きが有ります。

このように、本来は消化管の働きに関わっているものの、それが、消化管以外のアセチルコリンの働きに影響する事で多汗症が抑えられる事を始め、目の調節障害や口の渇き、排尿が困難になるなどの症状が現れます。

場合によっては、視覚障害や眠気を引き起こす事も有る為、服用後には、それらの機能が正常に働かない事でけがをしたり、運転によって事故を起こすリスクも高くなる為、使用もシビアに考えていかなくてはなりません。

臭化プロパンテリンの使用上の注意点として、食べ物によって薬の効果が減少する可能性が有ります。

また、塩酸クロルプロマジンという抗精神病剤には、中枢神経や自律神経のはたらきを強力に抑制する作用が有る為、臭化プロパンテリンの作用が強く出すぎる危険性が有るのでくれぐれも併用しないように注意が必要です。

他にも、抗ヒスタミン剤や三環系抗うつ薬、抗コリン剤などとの併用は危険です。

尚、プロバンサインは、多汗症治療薬として認可されている神経遮断薬です。
ただし、多汗症による異常な発汗を抑える働きがある一方、先にもあげたように、口の渇きや眠気、胃腸障害や便秘などの副作用も強い事を念頭に置いて、使用上のリスクを十分に理解した上で使用する必要が有ります。

臭化プロパンテリンと同じように、アセチルコリンの働きを抑える薬剤として抗コリン薬が有りますが、汗腺に働きかけるアセチルコリンのみならず、コリン作動性神経に支配されているすべての器官の働きを抑えてしまう為、心拍数が増えたり、唾液が出なくる、瞳孔が開くなどの副作用が起こるなどの副作用が多いようです。

どちらも、効果の持続力はそれほど長くないのですが、用いる用量によって、持続時間が変わるようです。

ただし、くれぐれも定められた用量以上の服用をしないように注意しましょう。

MENU